眼瞼けいれん・片側顔面けいれんをご存知ですか?

ハクバイ 目をぎゅっと閉じたままで瞼が開かない、瞼のピクピクが治らない。まぶしくてたまらない。
ドライアイと診断されて治療したが治らない、眼瞼下垂と言われたがそれも違うようだ。
顔の一部のけいれんが続き、その範囲が広がってくる。
このように目の開閉の不自由さや瞼や顔のけいれんが続くことはないですか。
精神的なものだと言われて心療内科にかかっても改善しない。
病名も治療法もわからなかった病気ですが、今では、眼瞼けいれんあるいは、顔面けいれんと診断され、ボトックス注射療法や手術によって改善されるようになりました。
このような患者の為に医師の専門的な話しを聞く例会や、患者同士で支え合う交流会の他に体験談などを掲載した会報を発行している患者が中心となって運営する会です。


団体名:眼瞼・顔面けいれん友の会
メールアドレス:tomonokai@gankenganmen.jp


熊本県及び大分県を震源とする地震により被災されました皆様、そしてご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表します。


更新情報

2016.08.30    秋の交流会の情報を追加しました。
2016.08.27    メールアドレスのSPAM対策を廃止しました。
2016.03.09    「例会報告」第10回~第12回を追加しました。
2016.01.31    春の例会のお知らせを追加しました。
2016.01.01    明けましておめでとうございます。本年も友の会をよろしくお願いいたします。
2015.08.30    お問い合わせのところに「医療内容についてのご質問をなさりたい方へ」を追加しました。
2015.08.30    秋の交流会のお知らせを追加しました。
2013.09.20    確認が出来ない方のお名前を記載しました。


トピックス

第10回秋の交流会のお知らせ

日程:2016年10月15日(土) 13:00~15:30
受付開始:12:15より

場所:新日本橋・興和創薬ホール11階 (会場周辺をYahoo!地図で表示)/(NAVITIMEで表示)

会員の為の交流会です。


第13回「眼瞼・顔面けいれん友の会」例会のお知らせ (終了しました)

日程:2016年3月26日(土) 13:00~15:30(予定)

場所:新日本橋・興和創薬ホール11階
(会場周辺をYahoo!地図で表示)/(NAVITIMEで表示)

参加費:1人1,000円(2016年分会費納入済みの方は無料)

テーマ:

○お話…「眼の病気と医師の関係をめぐって」(仮題)
・井上眼科病院 名誉院長 若倉 雅登 先生

○講演…「眼瞼、顔面けいれん友の会と共に歩んだ10年」
・荒川和子理事長(NPO法人「目と心の健康相談室」)

○お話…「新しい眼瞼けいれんの診断と治療」:兵庫医大三村治先生監修のビデオでの解説
○海外ほか最新の情報
・清澤眼科医院 院長 清澤 源弘 先生

○先生方と質疑応答
●病を共有し、学び、話し、乗り越えていきましょう。

申し込みの締め切りは3月11日(金)です。
※友の会より会員の皆様へお送りするご案内に3月10日締め切りと記載がありますが、3月11日(金)に訂正いたします


※(重要) 会費を振り込んだのに友の会から何も送られてこない方へ

2013年の3月~4月頃に会費を振り込まれました方々の中に、住所をこちらで把握できていない方が数名いらっしゃいます。
該当する期間に会費を振り込んだのに、2013年8月を過ぎても何も届いていない方がいらっしゃいましたら、恐れ入りますが下記のメールアドレスまでお名前・郵便番号・ご住所・お電話番号をご連絡下さい。
(なお、友の会へ連絡をされないで、郵便局の振込用紙にのみ住所等を書いて振り込まれましても、こちらでは振込用紙の内容を見ることが出来ないため、資料等を送ることが出来ません)

2013年9月現在連絡先を確認できていない方のお名前(名字のみ、あいうえお順)
おおくま様
はせがわ様

連絡先:tomonokai@gankenganmen.jp

第9回例会(2012年) 例会報告はこちらをご覧ください。
第8回例会(2011年) 
例会報告はこちらをご覧ください。


Copyright(c) 眼瞼・顔面けいれん友の会 All Rights Reserved.